比較サイトの決定的弱点とは?

比較サイトの決定的弱点とは?

比較サイトで加入してしまう事には、決定的な弱点があります。

私たち「保険の素人」が、ほとんど「価格のみ」を注目して加入してしまう事です。


安価どころか格安の保険に加入できるメリットもありますが、実際には「特約」や「保障」をしっかり見て加入判断しているのでしょうか?

保険会社には格付けがありますが、それを加味したでしょうか?

格付けは第三者機関が保険会社を格付けするもので、運営や経営状態などを評価します。

「今後、保険金の支払いが出来なくなる可能性がある」といった厳しい状態の会社は評価がグンと低くなり、これらの評価によって私たちは「倒産懸念」も考えるべきです。

確かに保険会社が倒産した時の保護もありますが、自分が加入した保険の100%が保護される訳ではありません。


それにニュースにも出てくる「支払わない」会社も存在します。支払い金額を法外に安くしたり、難癖を付け支払い拒否をしたりする会社はあります。


そんな事をお構いなしで、素人の私たちが「価格のみ比較」で保険に加入だなんて、とんでもない話なんです。


私は比較的補償内容が分かりやすい「自動車任意保険」は、比較サイトでの加入をお勧めします。自動車保険は、分かりやすいですからね。(分かりにくいのもありますが・・)


しかし、生命保険・医療保険に至っては、細かすぎて分かりにくいのが現実問題です。プロにしっかり聞いて保険を選びましょう。保険屋さんを呼んでしっかり話を聞く方がいいのです。


とはいえ、このサイトでは、さらに複数の保険会社から選択してくれる「ファイナンシャルプランナー」に聞いた方がいいよって内容なんですけどね。