ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーとは、資産運用をはじめとする、金融アドバイザーです。

民間資格だったものが、2002年に国家検定として「ファイナンシャル・プランニング技能士」としてあります。1級〜3級となっています。

今でも民間資格として2つあります。

(1)CFP
ファイナンシャル・プランナーの国際認定プログラムで、日本ではこれのみです
(2)AFP
FPとしてのインタビュー技術、提案書の作成技術や教養・知識・倫理観など要求する検定

なお、民間資格としての上記2つですが、日本FP協会の主催です。こちらでは、国家資格の1級・2級も行っています。

国家資格と民間資格が混在していますが、FPは国家資格が凄い!というものでもありません。途中から国家資格として認定された経緯からです。

更新が必要なので、CFPやAFPを所持しているほうが、逆に凄いかもしれません。国家資格のFP技能検定は、更新がありません。取得すればずっと有効の資格です。


ファイナンシャルプランナーを取得目指す方は、金融関係の仕事業務の方が多いです。

お金に関するエキスパートとしての検定ですので、金融・不動産などの会社に勤めている方がお客さんに対して適切なアドバイスが出来るよう、取得されることがメインとなっています。


銀行や郵便局、保険会社、証券会社などの金融機関、不動産関連会社の方が取得しています。

経営コンサルタントの方も関連資格が少ない(中小企業診断士など)ので、FPを取得する方もいます。


◆ファイナンシャルプランナー検定実施
(1)日本FP協会
(2)金融財政事情研究会