保険の切替と解約

保険の切替と解約

保険の切り替えと解約

保険の切り替えや解約は、意外と難関です。

いざ他の保険に切り替えたり解約しようとすると、まず保険会社は「考え直して下さい」と止めます。

やはり保険という高額商品、お客さんが1人いなくなってしまうのは痛手です。この先何十年もお付き合い出来る可能性があったのに、やめられてしまっては大きな損害です。

とはいえ、それは保険会社の都合です。

私たちにとって高額な商品である保険は、人生を安心させてくれるものですが、間違えていれば狂わす原因にもなりかねません。

やめる時はやめる!その意思が大切です。


担当者を呼んで解約手続きを進めるのも出来ますが、「断るのが苦手」な方は、やはりプロの営業の方相手にスムーズに話が進むのは困難です。

解約の申請書類・印鑑・契約書など一式を持って、保険会社に足を運んで手続きする事をオススメします。


なお、やみくもに「切り替え・解約」はしないで下さい。

必ず「次の保険契約が済んでから」が大切です。

一度保険を使うような病気や怪我があったり、保険は下りなくても病院に通院をしていたりすれば保険の加入を断られる事があります。

通院は、内容や保険会社の解釈にもよりますが、厳しいです。花粉症などで少し通院しただけでもダメな事も。


無保険状態になる事だけは避けましょう。切り替えが出来ない時は、諦めて現在の保険を続けるという事も大切です。


そのように、私たちって保険に対する情報が少ないので、失敗してしまう方も多いのです。保険金を受け取った事があったり、切り替えたりした経験がある方、保険に詳しい方に助言を頂きましょう。


そんな方いないという方は、ファイナンシャルプランナー(通称FP)の検定を合格している方に相談するのがオススメ。